ボイトレ教室の選び方

教室はここをチェック!

ボイトレ教室の選び方について解説しておきます。私の失敗経験も踏まえてお話しします。

通いやすいか

 

これはきわめて重要なポイントです。

 

現在の自分の生活の中に、月3回前後のレッスンが加わったらどうなるかということを、具体的にシミュレーションしておきましょう。その時、できるだけ詳しくイメージするのが教室選びで失敗しないコツです。

 

駅から遠かったり、日常の生活圏から大きく外れる場所にあるようだと、通うのが億劫になってしまい、ボイトレのレッスンから遠ざかってしまいかねません。ですから、無理なく通えるところを選びましょう。

 

録音させてもらえるか

 

ボイトレのレッスンは必ず録音して復習しましょう。メモを取るだけではなかなか先生のニュアンスを十分に理解できませんし、メモを取ることに一生懸命になってしまっていると、教わっていることの理解度が下がります。

 

私は過去、5つの教室ですべての先生に対して「レッスンを録音してもいいですか?」という質問をしてきましたが、1人の先生(年配の人)が難色を示しただけで、全員がOKしてくれました。

 

普通はOKしてもらえると思いますが、ボイトレの復習で使いたいので録音したいのですが大丈夫ですか?と確認しましょう。

 

先生が複数、在籍しているか/選べるか

 

ボイトレの先生は複数、在籍している方がいいです。バイオリンやベースのように生徒が少ない楽器などですと難しいですが、ボイトレなら1教室に何人も先生がいてもおかしくありません。

 

先生は相性がありますし、教え方も人によって違います。あなたに合う先生を見つけるという意味もありますが、やはり1年くらい同じ先生に教わったら違う先生に変える方が歌の上達にとって望ましいので、複数の先生が在籍している教室を選びましょう。

 

なお、TOPページにも書きましたが、複数在籍していても、自由に選びにくい学校もあるのでお気をつけて。

 

教室の規模が大きいか/発表会があるか

 

教室の規模はあまり小さすぎてもいけません。先生の数も少なくなりますし、発表会などのイベントも必然的に回数が少なくなります。その点、シアーは全国展開しているので強いです。

 

キャンセルが簡単にできるか

 

レッスンのキャンセルをいつまで受け付けているかという点もポイントになります。やむを得ない理由(電車が止まったなど)の時はもちろんですが、自分の都合でキャンセルしたい時、例えば3日前からキャンセル料が発生するようなところだと、ちょっときついかもしれません。

 

好きな曲で練習させてもらえるか

 

普通はあなたの歌いたい曲で練習させてもらえますので心配いりませんが、そうでないところが1ヶ所あったもので・・・

 

もちろん、あなたの課題を的確に見抜いており、その解決のために最適な曲があなたの歌いたい曲でなかったというのであれば仕方ありませんが、楽しむことが目的で習いに行っているのであれば、よほどのことがない限りは自由に曲を選べるのが普通です。レッスンは楽しくないと続きません。

 

回数の変更が簡単に出来るか

 

収入などの都合で月4回のレッスンをしばらく2回に抑えたい、ということもあるでしょう。その時、簡単な手続きで変更が出来るところが望ましいです。

 

 

教室選びはホームページを見ているだけだと分からないものです!